プレゼンテーション機能を重視した営業支援CAD

>> お問合せ・資料請求はこちら。

墓石専用CAD・CGシステム「颯(はやて)」

The Exclusive CAD/CG System for Gravestones HAYATE for Windows

「颯」は、シンプルさと高機能を両立し、プレゼンテーションに役立つ「カラーCG」を装備したCADソフト。
「颯」単体で図面作成や加工、レンダリングなどを行えるほか、「雅」「響」と完全なデータ互換性を持っているため、雅・響で作成した図面を営業先で利用したり、現地で修正するといったこともできます。

弊社伸縮部材の技術は大阪府により、平成17年3月31日付け(平成16年度)で経営革新計画承認を受けております (リンク先:docファイル)

雅・響との違いをご確認されたい場合は ・・・ 機能比較一覧表へ

基本CADシステム・・・基本的な作図をサポートします。


伸縮部材
詳細寸法を入力・変更でき、呼出し画面内で形を確認できます。また、呼出し後でも面取などの加工ができます。

部材呼出
蓮華・筋蓮華・地蔵といった複雑な部材を、簡単に呼出して使用できます。

分割図作成・編集
3分割や4分割などの分割図作成やレイアウト、文字の記入ができます。

部材表
寸法・才数などを自動計算し、表形式で図面上に出力することができます。

竿文字記入
竿文字や戒名などの文字を、簡単に記入することができます。

DWF出力
図面を電子メールで送信でき、通信コストが大きく改善します。また、受け手にCADがなくてもデータの参照や出力ができます(※)
DWFファイルを開くには、Autodesk社の「Autodesk® Design Review」をインストールする必要があります。
(「Autodesk® Design Review」は、こちらから無償でダウンロードできます。)

リボンメニュー
リボンメニューになったことで使用したい機能が見つけられないといったことがなくなります。
使用する機能を探す時間が省かれることで、効率的に図面を作成していくことができます。

オリジナル部材加工
伸縮部材同士での和(足し算)・差(引き算)・交差(掛け合わせ)を利用して、簡単に部材を作成できます。

面取り機能
豊富な面取り加工の種類により、簡単に面取りを行うことができます。

「Grand View(グランビュー)」へのデータ出力
新製品のプレゼンテーションソフト「グランビュー」用のデータを出力することができます。
これにより、CADデータ資産を生かしたプレゼンテーションを行うことができます。

カラーシステム(オプション機能)・・・写真のようなCGを作成します。


レンダリング
石種一覧より石目等を選択するだけで、美しいカラーイメージを表現します。
自然な写り込みや光源設定も自動化されており、面倒な操作は必要ありません。

▲基本画面

▲画面回転1

▲画面回転2

▲拡大・縮小

▲石種変更

▲部材変更
リアルタイムレンダリング
簡易レンダリングの状態で視点変更や拡大・縮小、石種変更ができるなど、 新しいプレゼンスタイルを実現できます。
背景合成
図面上に写真を読み込み、合成画像を作成します。角度・位置・大きさの調整などを、画面上で簡単に行えます。
画像をクリックすると、拡大画像を表示します。(拡大図をご覧になるには、JavaScriptをOnにする必要があります)
  
表面仕上げ設定(割肌やバーナー仕上げ等)
石種や表面タイプを指定して、簡単に割り肌やバーナー仕上げを表現できます。

石目ライブラリ
約800種類の石種を用意しており、様々な石種を選択・表現できます。

土盛素材
玉砂利、芝生、土などのイメージがあり、砂利の荒さも調節できます。

景観部材
木、花、地蔵、狛犬、人物などのイメージを用意しており、環境石材、造園分野などに応用範囲を広げます。

Update! 構成

パソコン、ソフトウェア構成

「颯」を快適に操作できるパソコンの性能は、以下の通りです。
Windows 7、Windows 8、Windows 10への対応についてはこちらをご参照ください。

必須構成 基本システム
オプション構成 カラーシステム

「颯」パソコン推奨構成

    基本システムのみ カラーシステム有り
OS :  Windows 10 64bit版Windows 8.1 64bit版(RT版は不可)、Windows 7 64bit版(HomePremium以上のEdition)
CPU :  Intel Core i3 2.0GHz以上 Intel Core i7 2.0GHz以上
メモリ :  8GB以上
CD・DVDドライブ :  DVD-ROMディスクが読み込み可能なドライブ
ハードディスク :  シリアルATA接続
グラフィックボード :  256M以上(DirectX9.0c以上対応で、Autodesk社推奨のグラフィックボード)
ディスプレイ :  解像度1920×1080以上
その他 :  インターネット接続環境(サポートや各種アップデート取得に使用)

CPU別レンダリング速度比較

響、颯でレンダリングを行う場合、パソコンのCPUによってレンダリング速度が変化します。
CPU別のレンダリング速度の違いは、以下の通りです(2011年12月時点)。

CPU レンダリング時間(1600x1200ドット)
Core2Duo、Core i3 約15~25分
Core2Quad、Core i5 約10~15分
Core i7
(2コア、ノートタイプ)
約9~14分
Core i7
(4コア、ノートタイプ)
約7~10分
Core i7
(4コア、デスクトップ)
約5~8分